# ハードウェアの構成を最適化する

SonicDICOM® PACS のDICOMビューアに関する処理のほとんどが、SonicDICOM® PACSがインストールされたサーバー側で行われます。
つまり、サーバーのハードウェア構成をアップグレードすることで全体的なパフォーマンスの向上が期待できます。

# SSD/HDD

以下はOSとSonicDICOM® PACSがCドライブにインストールされていることを前提にしています。

  1. CドライブをSSDに変更します。
  2. 可能であればCドライブでRAIDを構成します。
  3. 内部HDDを2つ追加し、DICOMファイルの保存先(Data PathとBackup Path)とします。

SSD/HDDの構成は以下のようになります。

C: (OS, SonicDICOM® PACS)
Y: (Data Path)
Z: (Backup Path)

CドライブをSSDに変更することでパフォーマンスが劇的に向上します。
これはSonicDICOM® PACSがOSの一時フォルダに頻繁に、書き込み・読み込みを行うためです。

CドライブでRAIDを構成することでシステムが突然停止することを防ぐことができます。
またこのような構成にすることで潜在的に起きる可能性のある問題をいくつか回避することができます。

追加したHDDにDICOMファイルを保存することで、Cドライブが破損しても、DICOMファイルを失うことはありません。
追加したHDDの片方が破損しても、もう一方のHDDがあるので、DICOMファイルを失うリスクを減らすことができます。
Data Path (Y:)のHDDが破損した場合にも、PACS Managerを使用して、Data PathをBackup Path (Z:)に変更することで、すぐにシステムを復旧することができます。

# CPU

CPUのクロックスピードは画像処理の速度に影響します。
CPUのコア数は複数のブラウザから頻繁に同時アクセスがある場合や、複数の検査装置と同時に通信する場合のレスポンスに影響します。
SonicDICOM® PACSはマルチコアCPUによる画像処理をサポートしているので、CPUのコア数が大きいほど画像処理のパフォーマンスは大幅に向上します。

# メモリ

メモリは複数のブラウザから頻繁に同時アクセスがある場合や、検査装置との通信で高い負荷がかかる場合のパフォーマンスに影響します。